第4回ぷらイム迎賓館

テルミン奏者、大西ようこさんの演奏会に伺いました。

 テルミンという楽器、ご存知ですか?
世界最古の電子楽器と呼ばれるもので、
遠くから見ると「箱の上空に手をかざしている」ようにみえるだけ。
でも、非常に音程が取りにくく、演奏が困難な楽器です。
よく、火の玉の効果音などで使われています。
演奏者の大西ようこさんは、その世界では第一人者としてご活躍です。
長い黒髪に華奢な体つき、白地の振袖の上に長い千早を
お召しになって演奏する姿はまさに
「中空から音をお招きする巫女」のようでした。
ぜひぜひ皆さま一度は聴いてみてください!

 ↑終演後、スタッフの方に許可を得て撮影させていただきました。
昔、音楽鋸とテルミンを演奏していらっしゃる方と
共演させていただいたことがあるのですが
人生2度目の生テルミン(笑)に感激☆
もう少しじっくり拝見したかったかも…。
体験コーナーあれば行ってみたいです(^^)

ご共演の予定だった二胡奏者の程農化さんが
本番2週間前に惜しくも急逝なさったそうで
急遽、ご子息が加わって追悼演奏会ということになってしまいました。
1曲だけ会場で流された程さんの演奏が、大変素晴らしく感動しました。
生で聴きたかった…残念。ご冥福をお祈りいたします。

第4回ぷらイム迎賓館” への2件のコメント

  1. 素敵なようこさんのご紹介!
    とても嬉しく拝見しました。次回ご一緒されるときを楽しみにしています

    水沢有美

  2. 水沢さま
    コメントありがとうございます。
    そうですね、いつかご一緒できればと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です