行く年来る年

2018年ももうすぐ終わりを迎えようとしています。
今年一年お世話になった皆さま、ありがとうございました。

今年は3月のマンダラに始まって、
11月のソロライブや久しぶりのハーモニカアンサンブルなど
しっかりと自分の力量ややりたいことを見つめなおす時間をもらった年でした。

また、BS-TBS「おんな酒場放浪記」から
講演のお仕事もいただけたり、
祖母との思い出を綴ったエッセイが歌舞伎座の筋書に載ったりと
様々な世界が広がった年でもありました。

発表会を行ったことで、生徒さんの中にも
一つ上のレベルを目指す人が出てきて
指導者試験に合格したり、挑戦したりする人も増え
結構慌ただしい年末を過ごしています。

特筆するべきこととしては
地元江戸川区から「文化功績賞」を頂戴できたことは大変光栄で、
ひとつ区切りをつけられたと思っています。

すでに来年の演奏会のお話もいくつかいただいていますので
またこちらでご案内いたします。

最後に、先月私の所属する日本ハーモニカ芸術協会の
会報誌に寄せたエッセイを。


来年も少しずつ、活動の幅を広げていかれたらと思っています。

迎える年が皆さまに取りまして
幸多きものとなりますよう
心よりお祈り申し上げます。

行く年来る年” への2件のコメント

  1. エッセイお上手!(歌舞伎の解説も恐るべしですが・・)
    昔の映画は本当に素晴らしいです。
    本年もお世話になりました。
    来年も横隔膜を傷つけない程度に頑張ります。
    良いお年をお迎えください。

  2. 石井さん
    昨年は発表会よかったですね。
    言い出しっぺ、ありがとうございました。
    今年も頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です