初発表会

ミュージック・ワンダーランド’18、
ご参加の皆さん、スタッフの方々のお陰で
無事、成功裏に終わりました。
皆さん、お疲れさまでした。

生徒さんのご厚意で本職にお願いした看板。

入口の電光掲示板をみて、始まる前から感無量。

発表会の主役は生徒さん達なので、
私はひたすらステージマネージャー。
ステマネの経験は学生時代から少しありますが、
何回やっても慣れるものではなく。。。
今日は身体がバリバリです。

ステージに慣れていない生徒さんも多く
スタッフもほとんどが出演者なので、
皆さん大変だったろうと思います。
それでも、思い思いに楽しんでいたようで、
病みつきになりそう、とおっしゃる方もちらほら。

来年はもう少し、役割分担してもらおう。

ベストコスチュームのOさんと

旦那さまのギター伴奏で息のあった演奏をしたSさん。
衣装もお揃いでステキでした。

また来年に向けて、頑張りましょうね。

ミュージックワンダーランド2018

今週末、初めての門下生発表会を行います。

この仕事を始めてから、のらりくらりと
「発表会」を避けていたのですが。。。

なぜなら父や母が昔、父の門下の発表会をするのに
場所取りやら準備やらに追われて、
めっちゃくちゃ大変だったのを覚えているから。。。
そんなのやりたくないに決まってる〜!

がしかし、ある生徒さんの熱意に押されて
「仕方なく」始めることになりました。
(半分本気、半分冗談。。。)
もちろん、私が全てやると大変なので
古株のお弟子さんや言い出しっぺの方で
実行委員会を組織していただき、
なんとか開催にこぎつけられそうです。

会の名称は、父が使っていたものを引き継ぐことにしました。

出演される皆さんも「緊張して仕方ない」とおっしゃっていますが
まあ、「発表会」なのだから気楽にいきましょう
ということで、あとはお天気だけですね。

ミュージックワンダーランド2018
【日時】2018年9月15日(土)12:30開演(開場12時)
【場所】タワーホール船堀 5階 小ホール
入場無料です

中止【講習会】ステージで輝くために

この講座は中止となりました

素敵な講習会のお知らせです。
その名も「ステージで輝くために」。

プロを目指す方の発表会などにゲストやアドバイザーとして
お呼びいただく機会も増えてきました。
そこでいつももったいなく思うのが
「ステージング」のこと。

上手く吹けた

それはとてもいいこと・嬉しいことですが、

背中が丸まってトボトボ歩いて出てきたり
マイクの使い方が上手くなくて演奏が全然聴こえなかったり
普段着みたいな格好で出てしまったり。

せっかくのいい演奏が台なし!!!

出演者の方に感想を求められそのお話をすると、常に返ってくるのが

「きんちょうしてるし…」
「どうしていいかわからないんです」という泣き顔。。。

そんな方のために、

『スタイルよく見える衣装の選び方』
『客席からも美しく見えるメークのポイント』
『 意外と気づかないステージで目立ってしまうところとは?』

について、美容家(趣味:ハーモニカ)のちょうこさんをお迎えして
お話と実践をしていきます。
私のステージでの経験秘話ももちろん盛りだくさんですよ。

1回目では衣装の選び方やメークについてお話を交えて
2回目では1回目に習ったことを実際に受講生の前で実践してみます。

プロの力を借りるチャンスをお見逃しなく。

【日時】2017年10月4日(水)、11日(水) 二週連続
【会場】新宿文化センター 第2会議室
【受講料】一回 7,000円、二回通し券10,000円

人数限定先着順です。
お早めにお申し込みください。

HP上でのお申し込みはこちらから

合宿2017

今年は2年に一度の
関東ハーモニカ連盟主催合宿研修会の年で
この週末も大勢がお見えになり大いに盛り上がりました。

今回初めて上級クラスを担当
同じ日の講師コンサートにも出演いたしました。

今年の目玉は台湾のハーモニカアンサンブル
「天狼星口琴合奏団(シリウスハーモニカアンサンブル)」が
この合宿に合わせて来日され、
アンサンブル講座と講師コンサートに出演なさったことでした。


youtubeチャンネルはこちら

王道のクラシックもなさったけれど、
日本の探偵アニメのオープニングソングとかこれとかもやってくれて
若い世代に訴えるにはとてもよいお手本。
大学ハモソも最近はアンサンブル楽器の使い方がわからなくて
宝の持ち腐れになっているようなので
こういうアンサンブルをいっぱい聴いてほしいなあと思いました。

スタッフの皆様・ご参加の皆さまお疲れ様でした。

【新規開講】よみうりカルチャー町田

IMG_1798

こちらも4月から開講です。

「楽しいハーモニカ教室」
第2、4週 火曜日 10:00~12:00

お問い合わせ:
よみうりカルチャー町田センター
電話:042-722-4030  FAX:042-723-0996
※電話番号をお間違えないよう、ご確認ください

受付時間
月曜から土曜  10:00~20:30
日曜  10:00~17:00

【新規開講】東急BEたまプラーザ校

IMG_1797

4月から新規開講いたします。
ご興味のある方いらっしゃいましたらぜひお越しください。

「楽しいハーモニカ」
日時:第1、3、5月曜日11:30〜13:00

お問い合わせ:
【東急セミナーBE たまプラーザ校】
TEL:045-904-3953
受付時間:
月曜~土曜 10:00~20:00
日曜 10:00~16:00
第5日曜定休、
全館休業日・年末年始および祝日の一部休業

江音祭

IMG_1111

江戸川区の音楽祭があり、
江戸川区内の教室の生徒さんが出演しました。

当日にひとつ演奏のお仕事が入ってしまったため
もし万が一、生徒さんの発表に間に合わない場合を考えて
今回も「先生」は舞台袖から見守り。

指揮がなくてもちゃんと合わせられるようになりました。
もうだいじょうぶだね〜。

おつかれさまでした。

東急BE開講

今年はいろいろと新しいお仕事のお話をいただいています。

カルチャースクール東急セミナー二子玉川校にて
本日(10/14)より新講座開講です。

〜世界チャンピオン直接指導〜 楽しいハーモニカ

定員10名ほどですが まだ若干お席があるそうです。
レッスン見学、体験も可能ですので
詳しくは東急セミナーBE二子玉川校まで
お問い合わせください。

【受講生の声】第3回ストレッチ講座

第3回のストレッチ講座も無事に終わりました。
今回も多くのお申し込みを頂き少し定員を増やしましたが
お断りしてしまった方もいたほどでした。
皆さまありがとうございました。

受講生の声(抜粋)

・姿勢は気にしているのだけど身体の基本を理解していないので参考になりました。
・今まで肩に力が入っていたことに気づきました。
・寝ているときは腹式呼吸になっていることを再認識しました。練習するときは常に頭に入れて吹きたいです。
・身体で覚える意識を持ってわかったと言えるまで頑張りたい。
・良い呼吸が出来るように自分でも研究したいと思います。
・大変参考になりました。もっと早くに出会いたかったです。
・基本だということを実感しました。
・自分で身体を動かしながらなので話だけで聞くより理解が出来ます。
・「アレクサンダーテクニック」の講座を午前に受けたのですが、基本は同じだと思いました。

「アレクサンダーテクニック」というものを知らなかったので調べてみました。
なかなか興味深いです。

困ったときのWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/アレクサンダー・テクニーク

日本アレクサンダーテクニーク協会HP
http://www.alextech.net/

音楽家・演奏家のための
http://www.amac.co.jp/

うん、その通りとうなづく部分が多いですね。
何も力を入れない状態が一番ラクで、いい音が出る。
そして、苦しいのは楽器のせいではなく
演奏する時の(もっと言うと日常の)自分のクセが原因だということ。

もっと楽に、自由に演奏するために
自分の身体に敏感になりましょう!

次回はまた半年後くらいの予定です。

複音ハーモニカ通信講座

このたび(株)日本フローラルアート 東京カルチャーセンターさんによる
複音ハーモニカの通信教育にて講師を務めることになりました。
(現在指導にあたっている東京カルチャーセンターさんとは別の会社です)

事情により外出がままならない方でも
ひとりでハーモニカをじっくりと学び楽しみたいという方にも
CD付きの教本でお手本を聴きながら
わからないところはテープでの添削指導(私が指導を受け持ちます)で
一通りの技術を習得し、レパートリーを増やしていただける講座です。
詳細はこちらから↓

楽学ネット「複音ハーモニカ通信講座」

今までは対面での指導ばかりでしたから、勝手が違うところと言えば
受講者の方がどのような姿勢や口の形をして吹いているか
ということは録音から推測するしかありませんし、
(たいてい聴けばわかるけどね♡)
こちらもジェスチャーを交えるわけにはいきませんので
(これは鍛えられます!)
その辺りは私としても非常に勉強になります。

今回の講座開講にあたり父の教本を選んでくださり
開講までの資料を丁寧に作ってくださった
(株)日本フローラルアートの企画ご担当者さま、
何より「その教本を選ぶなら著者の娘さんがプロでやっているから」と私を
ご推薦くださり、添削指導についてのアドヴァイス/フォローをくださいました
崎元譲先生に心から感謝申し上げます。
また、顧客部のスタッフの皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。