Time Remembered

ビル・エヴァンスの伝記(?)映画
TIME REMEMBERED を観に行ってきました。

ビル・エヴァンスといえば、ジャズピアニストの代名詞のような人物ですよね。
ジャズがまだ、いわゆる「黒人の音楽」だった時代に、
音楽大学を出た白人ピアニストがジャズをやる。
理知的で、緻密に計算された音楽をジャズでやる。
きっとすごいセンセーションだったんでしょうね。

彼の音楽は和声が美しくて、同じように弾いてみようとしても
ぜんっぜん同じにならない。
聞いたところによると、印象派の音楽に傾倒していた時期があったとか。
なるほど、和声の配置や音の混ざり具合(強弱)で
あんなにも色彩豊かなハーモニーが出せるわけです。

私にとって、彼の音楽はLPのノイズも含めて、
父や同僚のジャズマンが吸っていたタバコと
甘ったるいコニャックとウィスキーの匂いを
強烈に思い出させるもの。

「Waltz for Debby」。

あと好きなのは「My foolish heart」

Miles Davisの「Kind of Blue」の「So What」もかっこいい。

それからなんと言っても外せないのは
Toots Thielemans と一緒にやったアルバム「Affinity」。

だいたいジャズ界隈の方とお話ししていて
ハーモニカと言えば、の次に続く曲として
「Bluesette」の次によく聞くのがこの「Sno’ Peas」

個人的にはこれも好き。
「The Days of Wine and Roses」

晩年のTootsがこの曲を好んで吹いていたのは、
エヴァンスのことを思っていたからなのかな?

スーツを着て、オールバックに髪をなでつけ、
シャーロック・ホームズみたいな風貌で
ピアノに覆いかぶさるようにして弾く、
この頃までのエヴァンスしか興味がなかったのだけど
この映画では、親しい人の相次ぐ死やヘロイン中毒のこと
生前親交のあった色々な人の証言や本人の声が出てきて
なんだかちょっと考えさせられました。

まあ、そうだろうと思ったけど
けっして明るい気分にはならないので
情緒不安定な方にはオススメしません。

トニー・ベネットがビル・エヴァンスに言われて
信条としている言葉として
「美と真実だけを追い求めれば他はどうでもいい」
みたいなことを言っていましたけど、
彼はまさしくその通りの生き方をしてたんですね。

映画の中では、彼の人生が別れと傷だらけの
トラジディックなものだという証言がありましたが
失ったことを嘆けるのは得た経験があるからで、
そういうポジティブな経験をたくさんしていただけ
彼の人生は幸せだったんじゃないかと思うのですけれど。。。
それは彼にとって「美」でも「真実」でもなかったのかな。
やっぱり美も真実も音楽の中にしかないのかしらん。

ともあれ、いい音楽であることは疑いようがない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です