Deep Purple The Long Goodbye


母に付き合って、Deep Purple@幕張メッセに行ってきました。

ジョンロードが亡くなって、リッチーブラックモアもいなくて、
だけど、イアンギランの声は健在。
73歳バンザイ!

おもむろにテンホールズを吹きはじめたイアンギラン、かっこよかったです。

あの頃のロックって、ただの「反抗期の悪童の音楽」なんだと思っていたけど、
生でいま聴くと、ものすごくクレバーな音楽なんだなと思う。
全員すごいんだけれど、特にドラムの人のバランス感覚と
ジョンロードの代わりに入ったキーボーディストがすごかった。

シワシワになろうが、お腹が出ようが、ロックはロック。
うん、カッコいい。

ハーモニカ教室

今年も母校の小学校で、五年生対象の
ハーモニカ教室をさせていただきました。
今年で5年目になります。

毎年、個性の違う学年で、楽しく面白く授業をしていますが
今年は先生方のご好意で、なんと
壊れたアコーディオン(備品)を
授業前に突然分解させていただき、
児童の皆さんに中身を見てもらうことができました。

なぜハーモニカの授業でアコーディオンかというと、
アコーディオンはハーモニカの兄弟楽器で、
中にハーモニカが入っているから。


鍵盤の上はこんな感じ。鍵盤を押すと風穴が開くようになっています。


蛇腹側にはこんなふうに、大きなハーモニカが2本入っています。
白鍵用と黒鍵用。


発音体(リード)と、風を効率よく音に変えるためのバルブ(さぶた)
私も初めて見たかも。

分解の仕方がわからなくて、
御茶ノ水の谷口楽器さんに電話して
教えていただきました。
ありがとうございます!

今はもう、ほとんどの先生もハーモニカを経験したことがないので
先生も「初めて吹いた〜」とおっかなびっくり。
でも、楽しんでいただけたようで何よりでした。

おちゃのおと×メガネの井上

現在発刊中の小冊子「おちゃのおと」にて
御茶ノ水の老舗メガネ店・メガネの井上社長の赤羽さんと
対談させていただきました。

何種類かサンプルを見せていただいたときに、
かなり個性が強いフレームばかりだったので
最初は正直なところ「これを着けるの?」と思ったのですけれど
着けてみると悪くないかなと。
学生さんのコーディネートのおかげですね。

社長の赤羽さんや社員の皆さんが、個性的なメガネをかけていらして
しかもみなさんよくお似合いなのはさすがだなと思いました。
私も次にメガネを作るときは
名店・メガネの井上さんにお世話になりたいと思います。

道場の皆さん、コーディネーターさん、赤羽さま
皆さまありがとうございました。

歌舞伎座秀山祭

歌舞伎座秀山祭夜の部、千穐楽に行ってきました。

幸四郎(まだ呼び慣れない)の操り三番叟に、吉右衛門の俊寛、
そして大トリは玉三郎&鼓童の幽玄という新作舞踊。
羽衣・石橋・道成寺の三部作です。

三番叟は、なんだかぎこちなくて、
幸四郎の家はいつも、見目はいいのになんでこんなになるかなぁ、と思ってしまう。
一所懸命なのはものすごく伝わってくるのだけど。。。
(高麗屋贔屓の方ごめんなさい)

吉右衛門の俊寛は、船の艫綱を離した後の
俊寛の間(ま)と感情の動きが見どころなのだけど、
さすがは吉右衛門、あの長い間をよくもずっと、
グッと惹きつけてくれるなぁと思ったら、
大向こうからも「大播磨」の掛け声。
お孫ちゃんと舞台に立つようになってから、
どんどんお元気になって、純度が高くなっている気がする。

そして、なんといっても玉さま、弥勒さま、天女さま!
この方はもう、純度が高いなんて次元じゃなくて、
すでに人間じゃなくなっているようです。

羽衣と石橋は、能舞台のように鏡板の松の前で演って、
原点回帰というか、あぁ、歌舞伎は能から流れているんだよな、と
しっかと確認させられる気になる。
羽衣の天女は面をつけていないはずなのに、小面をつけているように見えるし
ちゃんと天に帰っているように見える。
石橋は、連獅子を演る若手の五人の勢いが凄まじくて、フレッシュさに圧倒される。(玉さまが相当仕込んだはずなのに、一人だけ全く合わなかった子がいたのが、残念でならない)
これを学校公演でやったらいいのに。。。
最後の道成寺では、白拍子どうこうじゃなく、すでに妖気を発している。
十代の可憐な少女から垣間見える「人間でないもの」の雰囲気。
冷静に考えたら、60歳を越したおじさん(失礼!)なのに、
そこにいるのは、全くの花子で、次第に「本気」で大蛇になっていく。
ここで、ああ、そうか、幸四郎は幸四郎として
操り人形にならなくちゃと思っていて、
人形使い(の役の人)と息を合わせて手足を動かさなきゃと
思って動くからぎこちないんだ、と気づく。
演者としての我(が)が有ると無いとでは、天と地以上の差があるのだな。。。
玉さまは、天女として、白拍子花子として存在しているだけで、
そこには玉三郎という人も存在していない。
天女が、花子が動くだけ。
あすこへ行こうと思うから足が出るのと一緒。
歩くときにいちいち、歩こうとか、
右足左足を交互に動かそうとか思ってないものね。
音楽でもそうだよなぁ。

玉さまならではの演出はまだあって
特に鼓童のメンバーを、ただの打楽器奏者としての位置付けだけでなく、
長唄や声明のような役割も担いつつ、
立ち回りや花四天の一部のように使っているというところは、
両得というか、流石の視点だなと。
他にもいっぱい気づいたことがあるんだけれども、とりあえずはこれが限界。

とにかく、人間国宝というのは本当に宝だなあと、芯から思います。
そして、芸の上では私も、「我(が)」を消せるようになれるといいな。

お伊勢参り

せっかく伊勢に行けたので、もちろんお伊勢参り。
木下さんに車で連れて行っていただきました。

外宮から

猿田彦神社にある芸能の神様、佐瑠女(さるめ)神社へお参り

内宮へ

五十鈴川を渡り

振り返ると山に夕日がかかる頃

境内の小川は澄んで

社務所の上には夏の名残りの雲

荘厳な雰囲気のなか天照大御神にお参りをして

念願の赤福氷!美味しかった!!!

歌舞伎座の思い出

5月の團菊祭を観に行った際、
たまたまエッセイの募集記事を見て応募してみたところ
掲載していただけました。


字数制限があったため、必死に縮めましたが
改行ができないくらいのボリューム。。。
もっと推敲すべきだったかな。

今月の歌舞伎座納涼歌舞伎の筋書に載っています。

エッセイとはいえ、筋書に名前が載るなんて!
嬉しい!!

うちは仏教徒ではありませんが
祖母の新盆のプレゼント、かな?

江戸川区花火大会2018

今年も恒例の江戸川区花火大会へ行ってきました。

毎年恒例、江戸川区の花火大会へ来ました。
今年も協賛者席からゆっくり見物。
地元の老舗煙火店「鍵屋」さんは、ご当主が女性なので、
毎回、可愛くて面白い、女性らしい花火があがります。
掛け声はもちろん「かぎや〜!」

夢二繚乱

チケットをいただいたので、移動の途中で行ってきました。
東京駅の丸の内北口にある東京ステーションギャラリー

竹久夢二の作品を多く世に出している、龍星社という出版社が
千代田区にあるということでの東京駅。

竹久夢二といえば、大正浪漫の美人画の作者として
言わずもがなの画家ですが、私たちの感覚では
「宵待草」の作詞者としても有名です。

尊敬する故・佐藤秀廊先生は、今村紫紅の下で画を学び
佐藤日梵という名前で、関東大震災で被災、負傷するまで
画家活動をされていたのもあり、夢二と親交がありました。
佐秀楽譜の理解を深めていくためにも、
夢二の遺した作品から、当時の風俗や時代背景、
海外からの影響などを垣間見られたことは
大変、勉強になりました。

特に、セノオ楽譜から出版された楽譜の表紙を
数多く手がけており、またその画風が様々で
ああ、この人は蝶々夫人をこう捉えていたのだ、とか
小夜曲のイメージはこうだったのかと、発見がありました。
ゲーテの「ファウスト」の中の「蚤の歌」では
レタリングに夢中になるあまり「蚤」が「蚕」っぽくなってしまって
後から鉛筆で修正されている、なんてことがあり、それもまた一興。

夢二の言葉、備忘録として。

「うら若き青年の心に沁み入るものは『完成したる芸術』ではない。
たとひ破れていても悲むでゐようとも美のきれぎれであれば好い』」

「(子どもの本は親が節をつけて歌ったりする必要はない)
子供自身に読ませて歌から得た感情からリズムをつかめれば
リズムを呼起して自分の曲譜を創(はじめ)る生まれながらの音楽家」

「愛し愛さるは悲惨なり、愛しえざるは更に悲惨なり」
(女性にモテた夢二だからでしょうかね)

ステーションギャラリーの内部はこんな感じ。
ちょっと大正っぽくていい雰囲気。


東京駅ができた当時の壁も見ることができます。

歌舞伎座團菊祭

今年は十二世市川團十郎の五年祭として
昼の部は「雷神不動北山櫻」の海老蔵五役
夜の部は「弁天娘女男白浪」菊五郎の弁天小僧が
話題になっていますが、夜の部へ行ってまいりました。

十二代團十郎が十二世團十郎になって
もう5年も経つのか、まだ5年なのか
なんといっていいのやらわかりませんが
あの時は勘三郎、三津五郎と立て続けに亡くなって
この先どうなってしまうのだろうと
ただの見物人の私達ですら思ったものです。
幼い頃から兄弟のようにお育ちになった
当代の菊五郎丈は余りあるご心痛だっただろうとお察しします。

そんな中、歌舞伎界が一丸となってこの5年を渡りきったことを
この團菊祭は教えてくれたように思います。

「弁天娘女男白浪」では菊五郎、左團次と
團十郎の盟友であったお二人がそれぞれ
弁天小僧、南郷力丸を演じ、
またこのお二人が当意即妙、息が合ったなんてものじゃないくらいの
絶妙なやりとりを重ねていらっしゃるのがひとつの見どころ。
弁天小僧が娘から小僧に見顕しするところで娘の帯を解いて
着物の前をはだけて寛ぐシーン。
力丸に「こんなの着ていられない」と言って
力丸も普段は差し慣れない大小を置くなんてところは
お二人も楽屋へ戻るとこんな感じに寛がれるんじゃないかしらと思って
「まだお芝居の最中なんですけど、そんなに寛いじゃダメでしょ」
と思わず言ってしまいたくなるような自然さ。
花道で、せしめたお金を分ける時のやりとりや
脱いだ着物と大小をどちらが持つかと押し付け合うかっこうが
役としてだけでなく個人として楽しそうになさっているようで、
お二人の仲の良さを含めて、この舞台を観られてよかったなあ、と
心から思いました。

白浪五人男の赤星十三郎を菊之助、忠信利平を松緑が
そして留めの大泥棒・日本駄右衛門を海老蔵がという、
親の代から子の代へしっかりと受け継がれる瞬間を
目撃することができました。
(しかも見得を切った菊五郎丈や菊之助丈と目があった!
海老蔵の睨みもしっかと見えた!!)

常々、海老蔵は色悪だったり公家悪だったり
悪役の方が似合うと思っているのですが
なかでも最近力を入れているような日本駄右衛門は特によく、
きっと将来のはまり役になるのではないかと期待しています。

引き継がれるといえば。
夜の部の最後は菊之助丈の「喜撰」だったのですが
踊り出した途端にそこにいるのが三津五郎に見えて
ぎょっとしたのです。
そういえば、平成23年あたりの歌舞伎座の公演で
三津五郎が踊った「喜撰」をみたことがあって
それを思い出したのかもしれません。
菊之助丈も三津五郎の資料をよく研究なさったのかもしれませんね。
そういう、仕草や表情のふとしたところに
血筋でなくても誰かの面影をみることができるというのも
歌舞伎のように途切れることなく、先達が一所懸命継承した芸を
当代もしっかりと受け止め、脈々と受け継がれている芸の
よいところなのではないかしらん。
私の演奏もそうでありたい。

でも〜〜〜!
菊之助丈はどうも遊びが足りない!!!!!
時蔵のお梶はあんなに色っぽいのに!
喜撰のひょうきんなところは、振り付けが面白いのではなく
表情や体の角度のちょっとした遊びにあるのになあと
ちょっともったいなく思いました。。。
あ、目が笑ってないんだ。菊之助は真面目だからなぁ。
真面目が不真面目をやっても上っ面だけだからいけない。
このところ本格的に立役、それもお父上の当たり役に取り組んでいるようだけれど
根っこが違うからなかなかどうして。。。
いつかお父上のような、色も悪も粋も全部内側から出てくるような
そんな役者さんになれるといいですね。

今回も丁稚役には寺嶋眞秀くん。
かわいい盛りだ!

調印祝賀会

地元江戸川区がオーストラリアのセントラルコースト市と
姉妹都市の盟約を結ぶということで
調印式後のパーティーで演奏させていただきました。

区長さんからのリクエストで
オーストラリアの「ふるさと」とも言える「Waltzing Matilda」を
曲目に織り交ぜ、チェロとのデュオをお楽しみいただきました。

このように海外の方に複音ハーモニカの音をお聴かせする
機会をいただけますことを、いつも感謝しております。

区長さま、関係者の皆様ありがとうございました。