梅雨小袖昔八丈


雨の半蔵門は桜が咲いておりました。

待ちに待った今月の歌舞伎は国立劇場
菊之助丈の髪結新三、初役です。

明治150年記念「四代にわたる芸の継承」ということで
上方・成駒屋さんの「忠臣蔵」と
江戸の音羽屋「髪結新三」。
それぞれ、明治の代からの当たり役です。

鴈治郎丈の「増補忠臣蔵〜本蔵下屋敷〜」
鴈治郎丈は上方歌舞伎の名家・成駒屋さんのお生まれで
人間国宝・坂田藤十郎丈のご長男。
若手随一の踊り手、中村壱太郎丈のご尊父でもあります。

鴈治郎丈はお父様譲りの雅なお顔立ちで
苦悩するお殿様のお役をなさいました。


幕間にプリンを食べて

続いての菊之助丈は、小知恵の回る悪党役。
パンフレットではなかなかの色男。

が…。
菊五郎丈の髪結新三で見慣れているせいか
悪役っぷりが全然たりない!
遊びがない!!
悪っぽく決めた顔が海老蔵にしか見えない!
(あ、関係ないか…海老蔵も格好いいしね)

初役だから、というのも原因だと思いますが
生来の名門育ちの真面目さが抜けません。
全く周りの役者の方に目がいってしまう。。。
(御曹司だからそれでいいのでしょうけれど)
政岡の初役はあれだけ素晴らしかったのに
ちょっと残念。。。

そのかわり、といってはなんですが
今回特に目を引いたのは片岡亀蔵丈。
忠臣蔵では左遷された忠臣・本蔵役を
渋くきっちりと、真面目の塊のように演じられ
髪結新三では、新三が住む長屋の家主・長兵衛役。
これがまた、老獪で腹の据わったウワテな悪党。
昨年の国立劇場初春歌舞伎「しらぬい譚」で
ヒョウ柄のぴこナントカを張り切ってなさっていた方とは
思えないほどの振り幅の広さ。

あとは!
丁稚役の寺嶋和史くんが可愛かった〜💖💖
ちゃんと見得を切って
大きな声でお父様との掛け合いを頑張っていました。


私が菊之助菊之助と騒いでいたら、お隣のお客様が
あぜくら会員限定でもらえるサイン入りブロマイドを
譲ってくださいました〜✨✨
幕間に奇声を上げて喜んでしまった!!
さあ、どこに飾ろう。。。

さよならノーブランズ

クロマチックハーモニカ・バスハーモニカの名手
鶴田亘弘先生ご逝去の報を受け、通夜に参列いたしました。
様々な思い出が巡って、しばし写真を眺めておりました。
どちらも1990年代のものです。


向かって左が鶴田亘弘先生、右の黒づくめが父。


濃紺のジャケットのお三方がザ・ノーブランズの皆さん、
白いスーツが父(ギャングを気取ってヤクザになったと笑っていました)

鶴田先生は早稲田大学ハーモニカソサィアティのご出身で、
同じくハモソのお仲間とハーモニカトリオ「ザ・ノーブランズ」を
立ち上げられました。
皆さん一流企業にご勤務の傍ら、日本中を演奏してまわられ
鶴田先生はスタジオのお仕事でもご活躍でした。
妖艶な鶴田サウンドに、時のマダムたちはメロメロ。
ご本人は物腰柔らかく、温厚で優しく誠実なお人柄で
謙虚、という言葉を体現したような方でした。

ノーブランズの皆さんは父ともよく
ジョイントコンサートをしてくださいましたが、
そのコンサート用に新しく曲をアレンジするとき
いつも父は嬉々として「これは鶴田さんだから書けるんだよ〜」と、
超絶難しいフレーズをクロマチックパートに編曲していました。
常日頃、生徒さん用にはレベルを加減していたので
イメージしたアレンジをそのまま書けるのが
嬉しくて仕方がなかったようです。

鶴田先生はそんな手加減なしの超絶技巧フレーズを
「こういうところに性格のいやらしさが出るんだよな〜、やーなやつ。」
などと、MCで冗談ぽく受け流しながら、
なんでもない顔で吹いていらっしゃいました。
そんなノーブランズさんと、子供のようにはしゃぐ父の本気の演奏は
子供心にも楽しく、面白く素敵なサウンドに聴こえていました。
私がハーモニカのアンサンブルを好きな理由は、
この時のワクワクにもあるのだろうと感じています。
ですから、父の一周年追悼コンサートで
その超絶技巧曲をノーブランズの皆さんとご一緒させていただいたのは
本当に貴重な経験でしたし、めっちゃくちゃ楽しかった!

奥様よりも付き合いのながいノーブランズのメンバーの方が
近年相次いでお亡くなりになっても、
昔のような早吹きでなくなっても、
それでも艶やかな鶴田サウンドは健在で
次にお目にかかれる機会が楽しみでした。

この写真に写っている人はみんな逝ってしまって寂しいです。
もう少し、聴きたかったし、できるなら一緒に演奏したかったな。

追い込みダッシュ

3月16日の練習が佳境を迎えております。
そんな、結構シビアな現場を和ませてくれている存在。


ピアノの真子さんちのコたち。
三人とも猫好き(ただし私は猫アレルギー)なので
まぁ〜癒される❤️

先月から体調不良で食事が満足にとれない私の
ひな祭りは、母の椎茸出汁うどん。
ししょーのうつわでパワーを注入。
あとちょっと、がんばります!

メンテナンス


生まれて初めて埼京線に乗り
生まれて初めて戸田公園駅で降り
生まれて初めてトンボ楽器さんの工場へ。


西日暮里のショールームへはしばしば伺いますが
工場に来ることはなかったので
ドキドキしながら内部潜入(笑)

3月のコンサートに向けて
普段自分で調整する楽器が
なかなか整わなかったので
ギブアップで本職へ。

ご覧の通り、ピカピカの新品のようになって
戻ってきました。

父が40年前に買ったものも
部品を交換しつつまだ現役。

中には毎日使っているものもあったので
出来るだけ早くお願いします!と無理を言って
きっと職人さんは残業の嵐だったに違いない。。。

おかげさまで、とても良い調子の楽器で
本番を迎えられそうです。

(楽器のせいにできないから練習頑張らないと!)

年末にはモリダイラ楽器のSさんにお願いして
5本ほどリペアしてもらったのもあるから
今年は楽器の調子が良い!!

職人の皆さん、本当にありがとうございます✨✨

純粋ということ

「何度も何度も何度も何度も 繰り返す同じ動き
それはまるで、不純物を少しずつ捨てて
世界で最も純粋なものを
作り上げていく作業に見えた
そうか奇跡はこうやって 作られていたのか」

私たちも
同じフレーズを飽かず繰り返す。
自分の理想に近づくように。
余計なものをそぎ落とすために。
奇跡の一瞬を生み出すために。

純粋は強くて
純粋は美しい

羽生選手、オリンピック2連覇
おめでとうございます!

SPはツィマーマンだったのか。
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20180217-OHT1T50047.html

【完売御礼】3・16マンダラ

おかげさまで、予想より早く
満席と相成りました。

お求めくださった方
ありがとうございます。

出遅れてしまった方
また次回お願いいたします。

当日券はありませんm(_ _)m
  by 事務局

衣装も買ったし。

あとはとにかく
当日に向けた体調管理と
練習と精神統一(笑)

またしばらく更新滞りますが
ご容赦くださいませ。

絶賛練習中

3月16日のコンサートに向けて
絶賛練習中です。

お姉様方とご一緒させていただくと
いろんなことが明らかになる。

自分の今の実力も
表現力も
まだまだ全然修行が足りない。

でも

音楽って
アンサンブルって
こんなに奥が深くて
こんなに楽しいものだったんだって。

本当にありがたいです。

もっともっと感性を研ぎ澄ませて。
もっともっと楽器を手中に収めるように。

練習するぞー。

おかげさまでチケットはほぼ完売。
当日券はないそうです。

Find my TOKYO

ただいま放映中の東京メトロCM西日暮里編に
昨年創立100周年を迎えた
トンボ楽器製作所のショールームが映っています。

http://findmy.tokyo/challenge/185

アコーディオンを弾く石原さとみさんは
女子社員さん曰く
「同じ人間とは思えないほど」
可愛かったそうです。

ハーモニカを持って映っているのは
歌手の絢香さん。

ぜひ探してみてください。

世界花小栗判官

2018年の幕開けも歌舞伎とともに。

昨年に引き続きラッキーなことに、国立劇場の初日がとれました。
しかも花道のすぐ横の特別席〜!!
花道で見得を切る菊之助丈と目が合(った気がし)て
おろおろドキドキ。

富司純子さん、寺島しのぶさんやご家族のみなさまもロビーにおいでになって
こちらは勝手に「大きくなって〜」とお子様達に胸がキュンキュン❤️

初日なので、ロビーでは振る舞い酒と獅子舞が。


ん?この文字は見たことがある!と思って周囲を見渡すと


昨年、おんな酒場放浪記のロケでお世話になった
会津若松の老舗「 末廣酒造」のご当主が!!
覚えていてくださって、再会のひととき。
もう20年も、振る舞い酒をご提供なさっているそうです。

今月は歌舞伎座で三代襲名があり、
新橋演舞場もお嬢さんがお出になると賑わっていそうなので
このまま歌舞伎が盛り上がって同好の士が増えるといいなと願っています。

3月は同じく国立劇場で菊之助丈の「髪結新三」。
観に来なければ!!!

謹賀新年

2018年
あけましておめでとうございます。

昨年は公私ともに、いいことも悪いことも
いろいろな経験をすることができました。

今年は周りのサポートを受けながら、もっと前進していけるように
精進していきたいと感じております。

ありがたいことに、すでにいくつか演奏のお話や
新しいチャレンジのお話をいただいております。
1日1日を楽しみに大切に過ごせるように。

皆様におかれましても、恙なく
幸多き2018年でありますよう
心からお祈り申し上げます。

本年も応援のほどお願い申し上げます。

戊戌元日

寺澤ひろみ 拝