【告知】6/4楽器の日ライブ

注目

6月6日は『楽器の日』です。

都内有数の楽器店街お茶の水にて
楽器の日に因んだイベントに出演させていただきます。
今回はギタリストの進藤洋樹さんとボサノヴァやらジャズやらのデュオも企画中。

ちよだ音楽連合会さまHP

12時〜ソラシティー イベント広場
18時〜 T.dining (ミュージックチャージ有)

に出演予定です。

T.diningさんのご予約はお店までお早めにお願いいたします。
03-☆-5529(☆→5577)
T-dinning食べログページ

今年はリサイタルや演奏会の予定が少ないので
ぜひぜひこうした機会に遊びに来てください( ´ ▽ ` )ノ

CD好評発売中

注目

【この記事は先頭表示です。他の記事は下方にて更新しています。】
写真21

寺澤ひろみソロアルバム「彩~irodori~」
全13曲2500円(税込)

店頭取扱店様
トンボ楽器製作所(埼玉県戸田市)
谷口楽器(東京都千代田区)
コアアートスクエア(神奈川県)
メロディーショップ大垣(岐阜県大垣市)

サイン入りCDにつきましては、HP「お問い合わせ」欄より
お名前、ご連絡先をお書き添えの上ご注文いただけます。
(商品代金と送料を頂戴いたします)
メールアドレス・ご住所など、ご連絡先は
いま一度ご確認くださいますようお願いいたします。
なお、携帯電話のアドレスからお申し込みの方は
PC(Gmail)からのメールが届くよう
受信設定のご確認を重ねてお願いいたします。

ナオミ・グレース@銀座三越

昨日は、ヴォーカリストのナオミ・グレースさんが出演なさった
三越銀座店のJazz NIGHTS @ GINZA MITSUKOSHIへお邪魔しました。

image

ナオミさんは「ジャズポップパフォーマンス」というキャッチフレーズで
スタンダードナンバーから映画音楽など
幅広いレパートリーをお持ちのボーカリストです。
第30回の日本ジャズボーカル賞大賞を受賞されている方。
一昨年にお世話になったピアニストの本田富士旺さんを介して
知己を得ました。

image

彼女のステージはまるでブロードウェイのミュージカルを観ているよう。
演奏を聴いて、ちょこっとご挨拶させていただこうと思っていたところ
奇跡のごとく、2曲も飛び入り演奏させていただけて、嬉しいやら緊張するやら。
感無量でした(≧∇≦)
ナオミさん、優しくて温かくて美しくてチャーミングで、
本当に素晴らしい女性です❤️素敵だった~!!
愛に溢れていて、周りに大きなハートがたくさん煌めいている感じでした。
ドキドキして目もまともに合わせられない。。。

image

ナオミさま、松下さま、福田さま、戸谷さま、
小針さま、スタッフの皆さま、
素敵な機会をありがとうございましたm(_ _)m

image
(ああ、緊張しまくり)

山田和樹×東混@江戸文

地元江戸川区の文化施設「江戸川総合文化センター(通称「江戸文」)」に、
あの若きマエストロ・山田和樹氏が来るそうです!

それだけでも
指定管理がSPSになってよかったね~、
江戸文出世した!とか思うのに。

なんとなんと、東京混声合唱団と一緒に
「大地讃頌」のワークショップまで
やってくれちゃうんですって!

詳細はこちら

江戸川区民といえば、どこでも「大地讃頌」。
作曲の佐藤眞先生が江戸川区在住だから。
第二の区歌のようなものなわけです。

で、その大地讃頌を、あの山田和樹×東京混声合唱団で
ワークショップまで。。。って

どれだけ太っ腹なのよ〜Σ(・□・;)
さすがSPS、すごいねー。

こんな機会は滅多にない。
ワークショップ受けてみたいなぁ。

【追記】5/22の『題名のない音楽会』で大地讃頌が「昭和の合唱曲第一位」に選ばれていました!

【告知】Ton Ton Live vol.25

6月4日(土)楽器の日Special Liveで
演奏させていただくお店”T.dining”さんへ
下見がてらお食事に伺ってきました。
image

image
トンカツ一辺倒なのかと思いきや、ダイニングと言うだけあって
ハンバーグ、生姜焼き、豚汁&おにぎりなど、
豚肉を使ったメニューが充実していました。

自家製ベーコンを使ったシーザーサラダと
ミルフィーユカツと自家製ソーセージをオーダー。 image
ソーセージは渦巻き。

image
ミルフィーユカツはチーズ入り。 嬉しいことに衣の種類も選べます。
サクサクの大振り衣をチョイス。

マダムのご実家の養豚場から直送という、美味しい豚肉のお料理でした。 image

6/4は約1時間、こちらのお店でギターとデュオをします。
ミュージックチャージ2000円
ご予約はお店までお早めにお願いいたします。
03-☆-5529(☆→5577) T-dinning食べログページ

團菊祭その2

團菊祭のお話、もう少しおつきあいを。

さて和史くん初お目見得の演目もつつがなく幕となり
ここからは次代の團菊のお芝居。

image

三人吉三巴白浪
時今也桔梗旗揚
男女道成寺

の三本だていいとこ取り。

海老蔵・菊之助・松緑は「新三之助」以来
17年ぶりに同じ舞台で三人吉三を演じます。

新三之助時代の三人吉三を祖母と母と一緒に観ていました。

あれからそんな月日が経つなんて、早いことだと感じますが
新之助が海老蔵になり、辰之助が松緑になり、
それぞれ父となり、芸を継いで看板を背負う人となり
当然役者としてもがきにもがいた17年だったことがわかる舞台でした。

『時今也桔梗旗揚』で松緑が魅せてくれた所作のみでの一人芝居。
『男女道成寺』での海老蔵の色気とおとぼけ。
(個人的には彼は真っ当な立役よりも少し力の抜けたお茶目な役の方が好きです)
脇を固める梅枝・松也・右近・亀寿・亀三郎・萬太郎なども
粒の際立った役者揃い。

新三之助のときに観た『新源氏物語』での
華やかで艶やかで勢いのある芝居を久しぶりに思い出し、感無量。
こんな風に彼らと同じ時代を生きられることが本当に幸せだと感じました。

あと40年、歌舞伎を観るのが楽しみです。

團菊祭

数年ぶりに歌舞伎座の團菊祭へ行ってまいりました。

お目当ては夜の部の「勢獅子音羽花籠」。
菊之助丈の御子息、寺嶋和史くんの初お目見得です。

image

初日に花道でつまづいて顔を隠してしまった和史くん。
この日も花道からお父さんに抱っこされて登場。
当代の菊五郎丈、吉右衛門丈という二人のお祖父さまのお口上の間もずっと抱っこ。
菊之助丈のお口上の間は吉右衛門丈が抱っこ。
ご挨拶を促されるとお顔を隠してしまったけれど、
最後はがんばって、小さなおててを客席の三方へ振ってくれました。
客席からは早くも黄色い声援(笑)が。

成長が楽しみです。

フォーラム2016

image
春のハーモニカ祭りの翌日は
全日本ハーモニカ連盟の総会。

この時期は必ず連日出動です。

昨年は全連の初期からの先生方が
多くお亡くなりになったそうで
お話を聞いてびっくり。

時代の流れを感じ、一抹の寂しさが駆け抜けます。

image

若手メンバーのだいせんせー方を隠し撮りしようとしたら
勘づかれてしまった!
大内友哉さんと稲川有徳さん。
お二人ともこの夏のアジア大会(於:台湾)で
審査員&ゲストとして招聘されています。

春のハーモニカ祭り終演

image

春のハーモニカ祭り@虎ノ門ニッショーホール。
日芸協総会と甲賀会長による研修会ののち、無事終演しました。

image
研修会にて「荒城の月幻想的変奏曲」について解説をなさる甲賀会長。

前半は、昨冬の複音ハーモニカコンクール優勝者の皆さんや
四国の宇佐美進先生、日芸協会長の甲賀一宏先生による
素晴らしい複音ハーモニカソロ、
後半はフランス在住のハーモニカ奏者宮田奈美さんや
我々ピアソラプロジェクトによるアンサンブルでした。

春コンPP舞台
客席からの写真はお客様から拝借。

以前の投稿にも書いた通り
私にとってこのプロジェクトは
かけがえのない、代わりのきかない
最高の勉強の場であり、チャンスであり
そして最高のハーモニカ仲間です。

いち早く録音を聴かせていただきましたが
今回も反省するべき点は多々ありました。
次回ステージに立てるときまでに
しっかり研鑽を積んでアンサンブルを練り上げたいと思います。

image

 

桜見物

4月頭。
皇居の桜公開へ行ってきました。
image

image
都心の一等地にこれだけ自然が残されているのは
昭和天皇が生物学者であらせられたため
と聞いたことがあります。

image

行きは坂下門、帰りは乾門から。
乾門の向こうには武道館の大きな玉ねぎが見えました。