【重要】お問い合わせに関しまして

注目

CDや教室についてお問い合わせページからメッセージをいただく際
メールアドレス・ご住所など、ご連絡先は

いま一度ご確認くださいますようお願いいたします。
携帯電話のアドレスからお申し込みの方は
PC(Gmail)からのメールが届くよう
受信設定のご確認
を重ねてお願いいたします。

1週間経ってもこちらからのご連絡がない場合は
メールアドレス・ご住所ならびに受信設定を
いま一度ご確認のうえ、メッセージの再送をお願いいたします。
なお、お問い合わせいただいた内容に関しまして
ブログ上での個別のご返信(○○様へ至急ご連絡など)は
いたしませんのでご了承のほどお願い申し上げます。

 

CD好評発売中

注目

【この記事は先頭表示です。他の記事は下方にて更新しています。】
写真21

寺澤ひろみソロアルバム「彩~irodori~」
全13曲2500円(税込)

店頭取扱店様
トンボ楽器製作所(埼玉県戸田市)
谷口楽器(東京都千代田区)
コアアートスクエア(神奈川県)
メロディーショップ大垣(岐阜県大垣市)

サイン入りCDにつきましては、HP「お問い合わせ」欄より
お名前、ご連絡先をお書き添えの上ご注文いただけます。
(商品代金と送料を頂戴いたします)
メールアドレス・ご住所など、ご連絡先は
いま一度ご確認くださいますようお願いいたします。
なお、携帯電話のアドレスからお申し込みの方は
PC(Gmail)からのメールが届くよう
受信設定のご確認を重ねてお願いいたします。

Youtube再始動

気がついたら最近上げる記事は
歌舞伎やお能の話題ばかりになっていたので
たまには本業の方も。

昨年、門下最高齢95歳(!)の生徒さんに
「先生の動画もっと観たいなあ。YouTube増やしてください」と言われ
刺激を受けまして。

長いこと更新していなかったYouTubeを更新してみました!

手始めは一昨年3月のソロライブで
主催に撮っていただいた映像です。

どちらかというとアナログ人間なので
SNSも得意ではないのですが、
今年は少しずつ今あるSNSを充実させていこうと思っています。

といっても、こちらはあまりペースが変わりません、多分。
Instagramもあるので探してみてね。

国立劇場初春歌舞伎

今年もお正月は国立劇場の菊五郎劇団から。
劇場外には毎年恒例、会津の末廣酒造さんの樽酒。


プログラムも購入していざ。

もう20年近く、お正月は国立劇場。
まだ元気だった祖母と来たときには
十八代目勘三郎丈と隣の席になって感激したり
大詰めで撒かれる手ぬぐいが飛んできたり
なかなか楽しい経験をしました。


今年は令和になって初めてのお正月、
演目も元号にちなんで
「菊一座令和仇討(きくいちざれいわのあだうち)」
お正月らしく華やかで活気のある舞台でした。

やっぱり座頭は菊五郎丈で、
菊五郎丈が出てくるとそれだけで場が締まる。
あの桁違いの存在感は圧巻です。

でも、今回は菊之助丈と松緑丈の二人が
かなりの重責を担っていて
時代は変わってきているなと感じました。
松緑の踊りの巧さ、所作の美しさにも磨きがかかっていました。

彦三郎・亀蔵兄弟も
しっかり劇団の中心を担って
いい立役者です。

ハモニカ界もそうでありたい。

そしてなにより、松緑の子息左近君が丁寧に芝居をしていて
大切に育てられ、自らも意思を持って勉強をしていることが感じられ、
丑之助になった和史くんや新之助になるカンカンとは
少し年が離れているけれど
これからの歌舞伎界を一身に背負う役者に
なることは間違いないだろうと
嬉しくなりました。

新作や復活狂言をする場合、
どのくらい前から台本を作るのでしょうね。
ドラマ出演と並行して新作歌舞伎の座頭をした菊之助丈も
お怪我を感じさせない動きでした。

毎年のことですが、年末の幸四郎丈のチャップリンといい、
大変大きな刺激を受けました。

わたしもがんばろう。

謹賀新年

新玉の年の初め、お健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。

昨年は多岐に亘る新しい経験を積むことができました。
皆さまに御礼申し上げます。
また本年もどうぞよろしくお願いいたします。

令和二年元旦
寺澤ひろみ

チャップリン歌舞伎

本年は喜劇王チャップリンの生誕130年という
メモリアルイヤーでもあるそうです。

国立劇場十二月大歌舞伎では
「Chaplin Kabuki Night」という催しが開かれました。

チャップリンの映画「街の灯」を歌舞伎にしたものを
若干手直しして当代の松本幸四郎丈が演じるというもの。
以前からチケットを手配していたので楽しみに出かけました。


ロビーにはお二人のパネル


上手下手にはそれぞれロゴマーク
下手のロゴはちょうど花道で見栄を切る向こうに
ロゴが見えるようになっているという巧い演出でした。

この歌舞伎は、映画「街の灯」が日本で封切りになる前に、
海外での評判を聞いた戯作者が
いろいろな人に取材して歌舞伎にしてしまったというものだそうで
その本に今回チャップリンフリークでもある幸四郎丈が
手を加えて上演となったそうです。
もうね、【チャップリン大好き感】がよく伝わってくる!
表情の作りかたやモーション、ペーソス、笑いの広げ方。
先月の「研ぎ辰」でも思ったけれど
幸四郎はこういうお役だと生き生きとしていますね。




プログラムに載っていた幸四郎=チャップリンのブロマイド。
最後のはにかみ顔なんて生き写しのようです。

筋は割愛しますが
最後の蝙蝠の安さんのセリフ
「いけねえいけねえ。
恩は掛けるもんじゃねエ…恩は着るもンだ!」
にはハッと胸を突かれました。

開演前のBGMも古き良きアメリカの音楽のような
映画音楽のような、某浦安の遊興施設の入場の音楽のような
うきうきするようなもので、
お囃子だけでなくてたまにはこういうのもいいと思いました。

チャップリンのお誕生日は4月16日。
命日は12月25日。
佐藤秀廊先生のお誕生日は12月25日。
うちの父の自慢はチャップリンと誕生日が同じこと。
なんか嬉しいねえ。

佐藤秀廊生誕120年記念演奏会

本年は佐藤秀廊先生の生誕120周年。
日本ハーモニカ芸術協会で記念コンサートが開催されました。

会の重鎮や、地方の組織を担っている方の演奏の後
若手プレーヤーということで先輩方とご一緒させていただきました。
今年の吹きおさめは佐藤秀廊先生作曲の「田園素描」全四曲。
南仏の「村祭り」から山奥にひっそり咲く「野花」、
利根川の船頭さんの「舟唄」に、日本の秋の風物詩「収穫」。
先生の絵心が伝わってくる名曲です。
昨年から引き続き2年間この曲と向き合ってきて
最後は少し情景を引き出せた部分もできたかな。
う~ん、奥が深い。。。

佐藤先生は12月25日のお生まれ。
奥様は2月14日がお誕生日。
きっとご縁の深かったお二人なのでしょうね。

矢来能楽堂「土蜘蛛」

「はじめての矢来能楽堂special 能「土蜘蛛」をみる!」
に行ってきました。

歌舞伎の演目としては何度も観たことがありますが
お能でははじめてです。


まずは玄関前に等身大のパネルがお出迎え。

はじめての方向けに、
演目前に観世喜正さんによる
あらすじの解説と、謡の体験ができたので
今まで格式が高くて難しそうとしか思えなかった
お能の舞台が、あっという間に身近な演劇に。

とにかく蜘蛛の糸がシュルシュル飛んでくるのが面白くて
(一巻き5千円くらいするって本当かしら?)
スペクタクル度が高い。

まずお目にかかることのないカーテンコールも。


土蜘蛛の精


源頼光公と怪僧。
左端の方が地謡と解説の観世喜正さん。


それぞれの演者さんが
いろいろとポーズをとってくださいます。

そして、最後の最後には表で記念撮影まで。

頼光公役の鈴木啓吾さんと。
なんと、この方も
明治大学文学部文学科日本文学専攻のご卒業だそうで
思わぬご縁にびっくり。

なんとも愉しい晩でした。

吉例顔見世大歌舞伎

思い立って歌舞伎座昼の部へ。

前々日にチケットを取ったにもかかわらず
一人だったからか最前列のど真ん中。

わおー。ど迫力。

「研ぎ辰の打たれ」

「関三奴」

「髪結新三」

幸四郎の「研ぎ辰」が面白かった!!!!!
劇場内を走り回ったり
水しぶきが飛んできたり
セリフを噛んだのをツッコんで
笑いを堪えながら演っていたり

幸四郎(研ぎ辰)の仇兄弟が
坂東彦三郎と亀蔵兄弟だから
とにかく3人の仲の良さ
同世代の絆の強さがよく出ていて
好きなことが好きなようにできている感じが
生き生きとしてよかった。

「研ぎ辰」をこの形にしたのは十八世勘三郎で
彼の意思はまだ生きて、しっかりと受けつがれていることを感じられて
何と嬉しかったことか!

それにしても、役者さんはしぶきの飛ぶ角度まで計算して
大桶に飛び込むことができるんですね。
実は、一列目だったので張り切って着物を着て行ったのです。
最前列の真ん中のブロックで着物を着ていたのは私だけ。
なんかやたらと幸四郎と目が合うなあと思っていたら
こっちに水がかからないように大桶の中で暴れてくれたのでした。
(たぶん自意識過剰とかではないと思う)
すごいねー。

松緑の奴踊りもよかったし
菊五郎丈の髪結新三も安定の悪役だったのだけど
今回ははじめの研ぎ辰に全部持っていかれた感じがします。

同世代の活躍に力をもらって
もっと頑張ろうと思いました。

ベルリンフィル

今月は幸運にもチケットが取れたので
大奮発して、超レアチケットの
ベルリンフィルハーモニーオーケストラ(BPO)の
サントリーホール公演に行ってきました!

11月のサントリーホールは
ベルリンフィル以外にも
ウィーンフィルウィークもあるし
ロイヤル・コンセルトヘボウに(しかもパーヴォ・ヤルヴィ指揮)
フィラデルフィア管弦楽団もいるし
一年の中で最も豪華なのです。


安定の響マーク


体調が回復途中にあると言われるマエストロ
ズービン・メータ。
杖をついてのご登場でしたが、
何回ものカーテンコールも都度歩いていらして
足取りは確かなようにみえました。

それにしてもBPOは徹底した個人主義と言われるだけあって
体の動きはバラバラなのに出てくる音は巨人が一人で奏でているかのよう。
直前までやってやるぞという気迫も何もなく普通に笑顔の団員たちが
タクトが下された瞬間からピッチもタイミングも音の切り方も
これ以上ないほどに揃った素晴らしい音を響かせてくれる。
まるで劇が目の前で演じられているように。
熱のこもった音の洪水が押し寄せてくる。

こんな至福があったことを長いこと忘れていました。
やっぱりどんなに贅沢と言われてもいいから、
年に一度はこのレベルの演奏をサントリーホールに聴きに来たいものです。

【終演】ハーモニカと箏の調べ

11月17日、無事にコンサート終演いたしました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

前半はハーモニカソロと箏とのデュオ
後半は「平成音ものがたり」と題して
平成にヒットした曲と起きた出来事を
お話しを交えて演奏していきました。

絵本のようにしたかったので、急遽でしたが
境界剪画家の杵淵三朗さんにお願いをして
後ろのスクリーンに影絵を流していただきました。

タワーホールの舞台照明さんには
「ドラえもん」と呼ばれる
何でも作ってくれるスタッフさんがいらっしゃるので
その方にもお願いして会場内の装飾をお願いしました。


会場に満開の花


終演後にはサイン会も。

絹の会の皆様には6月の演奏会から
半年以上ご一緒させていただいて
舞台に立つ心構えやスタッフさんへの心遣いなど
たくさん勉強させていただきました。

また何かの機会があればと思います。

ちえさん、絹の会の皆様、杵淵さん
タワーホール船堀のスタッフの皆様
ありがとうございました。