新潮講座

九段フェスの時に偶然手に取ったチラシをみて
新潮講座へ行ってきました。
宮部みゆきさんの特別講演会
聞き手は、読売新聞編集委員の鵜飼哲夫さん。

夜の出版社に入るのは初めてで、
ワクワクドキドキ。
そこからもう楽しみの扉が開くわけです。

さすがに言葉のプロだけあって、お話に選ぶ言葉も面白くて
覚えておきたい言い回しをメモするのに
筆記が追いつかないくらいでした。

宮部さんは読売新聞の読書委員もなさっていて
二週間に一度、厳選された200冊のなかから、何冊か本を選んで読み
書評を書いていらっしゃるそうなのですが
書評欄というのは一字一行はみ出しても少なくても困るというくらい
字数が決まっており、それを厳密に合わせるため
文体を意識するようになったそうで、
最近のご自分の文体にも影響が出てきたというお話も聞けました。
また、その表現が独特かつわかりやすくて

「それまではミルフィーユみたいに重なっていたものが
肘をたたんでスイングするみたいになってきた。
でもまだ、新しいユニフォームが体に馴染んでいない感じ。」
という。

ああ、もう、こういう表現好き。

ちなみに、現代の日本では一日約200冊、
年間約7万冊の本が新刊として出版されているそうです。
時間がいくらあっても足りないね。

私はマニアではないので
すべての宮部作品を読んでいるわけではありませんが
宮部さんのルーツになったものとして今回ご紹介されていた作品なども
読んでみたいと思いました。

『模倣犯』では浅漬けができる。
『ソロモンの偽証』はいい感じの押し寿司ができる。

そのくらいの分厚さ(重さ)なのだそうです。

おちゃのおと取材

ちよだ音楽連合会×明大町づくり道場の学生さんたちで
製作発行している御茶ノ水のガイドブック
「おちゃのおと」で取材を受けました。
@谷口楽器さん

鋭意作成中とのこと。

刊行をどうぞお楽しみに。

傘寿のお祝い

大学校友会の先輩から、お仕事をいただき
演奏させていただきました。

鹿児島県で有数の進学校の同期会。
皆さん傘寿のお祝いだそうです。

演奏後、少しだけご一緒させていただきましたが、
皆さま矍鑠としていらして、お話も面白く、
女性はたおやかに凛々しくいらして
わたしもこんなふうに歳を重ねていきたいと感じました。

Iさま、皆さま、ありがとうございました。

11回目

地元のサークルさんの内輪の発表会。
今年で11回目を迎えました。
今年は生徒さんのアイデアで
発泡スチロールを切り抜いてカラフルにしたものを
装飾して少し賑やかに。

今年になってから新しくお入りになった方も
勇気を出して独奏しました。

もちろん先輩たちも、しっかりと。

お疲れさまでした。

九段フェス終わりました

ちょうど開花宣言が出された日でした。

入り口にはこんな、春らしい看板。

直前までしっかり練習をして臨みました。

一番後ろの席まで、しっかりといい音が響いていたそうです。
心配されたお天気もよくなって、お客様もたくさんでした。

また来年もできるといいですね。

詐欺に注意

60代女性の生徒さんのところに、
このようなハガキが来たそうです。

「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」

差出人住所を調べたら財務省でした。
幸い、被害もなく、注意喚起のために
お友達に見せて歩いている、ということでしたが

ご本人の許可を得てここにも掲載させていただきます。

九段フェス2019

九段下の生涯学習館で月2回練習をしている
自主サークル「九段ハーモニカクラブ」さんが、
初舞台です。

いつもに増して、皆さんの練習が熱を帯びています。
目標があるっていいですね。

3月21日(祝)12時ごろから。
ちょうど、千鳥ヶ淵も少し咲き始めになる頃でしょうか。
一足早いお花見がてら、ぜひお運びください。

RAISE VIBRATION

久しぶりに好きなCDを見つけました。

Lenny Kravitz のRAISE VIBLATION。

ジミヘンやサンタナを彷彿とさせるメロディーだったり、マイケルジャクソンの叫び声が入っていたり。

さすがです。

夏の夜、満天の星を寝っ転がって眺めるとか、ジャケットにもあるけれど、海に沈む真っ赤な夕日を眺めながらとかで聴きたい。

というか、居ながらにしてそんな感じになる。

癒される〜。

町会自治会役員表彰式

地元江戸川区の、町会・自治会役員表彰式のアトラクションで演奏させていただきました。

町会とか自治会って、何をやっているのか、実はあまり詳しく知らなかったということに気がついて、区役所の職員さんに訊いてみました。

結構いろんな仕事があるんですね。

地域の方が地域のために身を尽くして整えてくださっていることに感謝して。

ちょうど節分だったので、少し季節を先取りして、衣装はこちら

辻ヶ花の反物で作ったアオザイ。

華美過ぎず、苦しくなく、フォーマルな装いなので、アオザイは衣装として重宝しています。

表彰の皆様、おめでとうございます。

区役所の皆様、ありがとうございました。