100周年記念コンサート

今年は、明治大学ハーモニカソサエティーの
創立100周年というメモリアルイヤーです。

6月16日に100周年記念コンサートが
駿河台校舎からほど近い一ツ橋ホールにて
執り行われ、私もOBの一人として
演奏させていただきました。

明治大学ハーモニカソサエティーは
現在活動している関東4大学のハーモニカサークルのうち一番の古株で、
なんとあの有名なマンドリンクラブよりも古い歴史を誇ります。

現役の学生さんたちはハーモニカを吹いたことがない世代で
ハーモニカを全くの新しい楽器と捉えて楽しく吹いています。
これからも一つのカルチャーとして出来る限り続いていってほしいと
ハーモニカを生業とする者の一人として願っています。

素晴らしい先輩方との築いてくださった歴史とそして
未来の礎となる現役の皆さんに敬意を表して。

初審査員

第38回F.I.H Japanハーモニカコンテスト決勝ライブ
審査員一年生、無事終了いたしました。

講評もさせていただきましたが、
演奏する方が何十倍もマシというくらい
心臓が口から飛び出しそうでした💦

審査委員長の崎元譲先生はじめ、和谷泰扶先生、
徳永延生先生、作曲家の美野春樹先生など
長く審査をされている先生方と席を並べていることが
大緊張でしたけれど、先生方、スタッフの皆さんに
たくさんフォローしていただきながら
なんとかつとめさせていただきました。

長い一日、お疲れさまでした。
入賞された皆様、おめでとうございます。

楽器の日ライブ2018

今年は快晴に恵まれた御茶ノ水駅前サンクレール広場。
寺澤ひろみ×進藤洋樹×大内友哉、楽しく楽しく盛り上がりました。


大内さんは普段、ご夫婦DUO「Bom×Boa」さんで活動されているので
今回、単独では初めての共演。
やっぱり世界レベルの大内さんのハーモニカはすごい!


進藤さんとはもう何年もご一緒させいていただいているので
安心&安定の一言。

最初と最後は3人で。(写真ない。。。)

久しぶりにエキサイトしすぎて、
大内さんと私は終演後、流血の大惨事でした。
(本番で口切ったのっていつぶりだろう)

でもすっごく楽しかったのでまたやりたいね〜。

花祭りコンサート

新年度最初のコンサートは静岡県のお寺にて。

お誘いくださったのは、
御茶ノ水の楽器祭や明治大学関連のコンサートで
いつもお世話になっている武仲千恵さん。

私はいつも、コンサートの裏方で走り回っている彼女しか
知らなかったのですが、本職はソプラノ歌手でもある武仲さん。
彼女の故郷・静岡にて13年前から続けていらっしゃる
菩提樹院での花祭りコンサートへ呼んでいただきました。

実は昨年10月に重篤な病気で倒れられ
一時は日常生活もままならないほどの後遺症で
歌うことを諦めかけたそうですが
入院中に多くの方に励まされてリハビリを続け
見事にコンサートの復帰を果たされました。

今回は、復帰第一弾で、体調も本調子ではなく
大きな音が出る楽器では共演が不安だということで
共演者に指名してくださいました。

静岡は徳川のお膝元ということで、
駅前には慶喜公のお住まい跡の庭園が。

たけのこもコンニチハ〜。
春ですね。


お寺さんでのコンサートでしたので
楽屋のお弁当が料亭の仕出し。。。
豪華でした!

武仲さん、復帰おめでとうございます。
お世話になった皆様、ありがとうございました!

【来場御礼】3.16 マンダラ

今朝の、抜けるように青く気持ちのいい空!

なんで昨日だけ雨?

と思ったら、この方
生粋の雨女だそうで、敵いませんでした。

そんなお足元の悪い中ご来場くださった皆さま
ありがとうございました。

久しぶりの共演(競演)で、
やっぱりステージっていいなと感じました。

特に、今回のために書き下ろしていただいた
ガーシュインの「Rhapsody in blue」のアレンジは
本当に名曲で、今回だけではもったいないので
個人的にもぜひぜひ再演したい逸曲でした。


(本番前は顔出しNGだそうです)

楽屋ではおしゃべりしながら思い思いに過ごすお姉様方も
本番では火花散る本気の演奏。
と言っても仲が悪いわけではなく、情熱と情熱のぶつかり合い。
間近で素晴らしい演奏を拝見させていただいて、
自分の細胞に染み込ませることができる幸せ✨✨

そんなお姉様方に後押しされて、小さな小さなハーモニカの音も、
とても大きく響きました。

多くのお客様からも、感激のお言葉を頂戴しました。
ハーモニカってすごいのねって言われると、素直に嬉しい。
再演のリクエストも多数いただきましたこと、主催に伝えておきます。

練習をしてもしても、終演後は反省の気持ちしか出てこないけれど、
今回は、ひとまわりくらい大きくなれたかなと、
ちょっとくらい自分を褒めてあげてもいい気がしています。

お世話になりましたスタッフのみなさま、
素晴らしい曲を書き下ろしてくださった作曲家の金益研二さま、
そして素晴らしい共演者の三枝慎子さん、細田真子さん、
ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。


BS-TBS「おんな酒場放浪記」の皆さんからは
立派なお花が届きました。
ありがとうございます!

東京渋谷ライオンズクラブ


昨日は、飯田橋のフレンチレストラン「SOMBREUIL」で行われた
名門「東京渋谷ライオンズクラブ」様のクリスマス会にて
チェロ三枝慎子さんとのDUOで演奏させていただきました。


飯田橋の駅から徒歩5分ほどのところにある邸宅風の建物。
ウエディングもできるレストランです。


演奏前にご提供いただいた軽食が
ぜんぜん軽食じゃなくて、ひとさらフルコース!!!!
美味しくって〜✨✨
演奏前には食事をしない習慣にしていますが
こればかりは我慢ができず。。。


普段は花嫁さんの控室になっている素敵なお部屋が
今回の私たちの控室。
ひとつひとつの調度品が可愛らしくて
演奏前にテンションが上がるふたり。

室内に付属しているお化粧室の壁紙もこんなにロマンチック!

あまりにもテンションが上がりすぎて
演奏前の2ショット、撮るのを忘れていました。。。

ありがたいことに演奏も熱心に聴いてくださって
こちらの宣伝もさせていただきました。

演奏後は2階の回廊からライトアップされたお庭を一枚。

オーナー小川様はじめライオンズの皆さま
スタッフの皆さま、大変ありがとうございました。

熱烈楽器祭2017

台風の大嵐の中ご来場いただいた皆様
本当にどうもありがとうございました。


熱烈楽器祭、今年も無事に皆さんとご一緒することができました。
ハモソの後輩くんのみならず、主催の町づくり道場の学生さんたちも、
大雨にずぶ濡れになりながら楽器を運んだり、
出演者の調整をしたり、一日よく頑張っていらしたと思います。

最後は鍵盤ハーモニカの大合奏。
今年はカルメラさんのおかげで大盛況。
カルメラオーケストラさん、いいなあ。

楽屋でこんなノベルティをいただきました。

スタンプラリーをしないともらえない鍵盤ハーモニカのしおり

今年はお茶だけじゃなくてクッキーにまで大学名が!!

合宿2017

今年は2年に一度の
関東ハーモニカ連盟主催合宿研修会の年で
この週末も大勢がお見えになり大いに盛り上がりました。

今回初めて上級クラスを担当
同じ日の講師コンサートにも出演いたしました。

今年の目玉は台湾のハーモニカアンサンブル
「天狼星口琴合奏団(シリウスハーモニカアンサンブル)」が
この合宿に合わせて来日され、
アンサンブル講座と講師コンサートに出演なさったことでした。


youtubeチャンネルはこちら

王道のクラシックもなさったけれど、
日本の探偵アニメのオープニングソングとかこれとかもやってくれて
若い世代に訴えるにはとてもよいお手本。
大学ハモソも最近はアンサンブル楽器の使い方がわからなくて
宝の持ち腐れになっているようなので
こういうアンサンブルをいっぱい聴いてほしいなあと思いました。

スタッフの皆様・ご参加の皆さまお疲れ様でした。

F.I.H.コンテスト2017

毎年6月最初の週末に行われる
世界ハーモニカ連盟日本支部主催の
F.I.H.ハーモニカコンテスト本選ライブ。
今年は37回目を数えます。

3月のテープ審査を勝ち抜いた猛者たちが
日ごろの成果を競います。
毎年できるだけ観戦しているのですが
年々レベルが上がってきているのを実感します。

今年はなんと、初めてゲスト演奏者として呼ばれました。

出場者でないにしてもコンテストの場に身を置くのは10年ぶり。
皆さん直前までものすごい勢いで練習をなさっていて
本番前に疲れてしまうのではないかと心配になってしまうほど。
右も左もわからないうちにコンテスト卒業しておいてよかった。。。

今回は若手の台頭が目覚ましく、
上位入賞者には10~30代が多く見受けられました。
やっぱり、ハーモニカ界ではいくら50代が若いといっても
学生さんの若さには敵わないと思うのね。

審査員の先生方の講評には、毎回レベルが上がっている収穫として
・今回はテクニックにのみ必死になるのではなくて、音楽の構造を考えて旋律を歌っていこうとする人がいた
・久しぶりに書き譜ではないアドリブがきけた
などが挙げられました。

また、アンサンブルの課題としては
・一つのパートが役割を2つも3つも果たすべし(小アンサンブル部門)
・演奏者がみな、同じ感覚を有すべし(大アンサンブル部門)
というアドバイスがありました。

このコンテスト初回から審査員を務めていらっしゃる先生は
「人を感動させるにはテクニックだけでなく人生経験など年季が要ります。
ですから皆さん、今回のいい成績はスタートだと思ってください」と
講評を締めていらっしゃいました。

コンテストの結果はこちらから確認できます。

一日お疲れ様でした。

楽器の日ライブ

楽器の日ライブ、無事終わりました。
今回は母校明治大学の旧大学院校舎1階のカフェにて。
いつの間にこんな「おしゃれ」に方向転換したんだろう、うちの大学。。。
ヨーロッパのカフェを意識した空間というので
選曲も仏伊の映画音楽やシャンソンを中心に。
お相手はジェントルギターマンの進藤洋樹さん。
進藤さんのギターは本当に柔らかくて吹き抜ける風のよう。

リハーサル中から、明治大学の卒業生でこのイベントの旗振り役でもある
ミュージシャンの宇崎竜童さんがお見えになり、
スタッフの方と談笑されていました。
私のハーモニカソロにも興味を持ってくださって
複音ハーモニカの構造や日本的奏法についてご説明申し上げました。

本番終わりに皆さんで

お天気にも恵まれ、多くのお客様にお立ち寄りいただき
清々しい一日でした。

お世話になりました皆様、ありがとうございました。