Phantom of The Opera

今年も日本芸術協会主催
第8回複音ハーモニカコンクール本選ライブが行われ
ゲストとして呼んでいただきました。

ソロでは「田園素描」を演奏しました。

もう一組のゲストが、トリプルロックスの皆さんで、
せっかくだからなにかやろう!と声をかけてくださって
急遽、合同アンサンブルをすることになりました。

メンバーの皆さんそれぞれとは共演経験がありますが、
トリプルロックスとしては意外にも初共演。
というか「競演」。
日本、いえ世界最高峰の実力者の集まりに混ぜていただけるなんて
なんて光栄なことだろうと思っていましたが
今回、トリプルロックスさんのご厚意で
私の大好きなミュージカル「オペラ座の怪人」から
4曲をメドレーにして演奏しました。

アレンジをしている時から、頭の中に流れている音楽を
ほぼ制約なく好きなだけ書けるって、めっちゃくちゃ楽しい!けれど
かなり難しいことを書いているのは承知していましたから
どうなんだろう…?準備期間も1か月もないし、と少々の不安がありましたが
そんなの!!

杞憂でした。

当然です。
実力は折り紙つきのトリプルロックスですもの。
拍子を合わせようとしなくても、
強弱や緩急を合わせようしなくても、
音があるべき場所にあるべき形である!

だから、音楽をハーモニカでどう表現するか、ということに100%注力できました。

素晴らしい景色でした。
今までに見たことのない、高く美しい景色。
毎回こんな景色を見ていられれば、
それはもう世界最高峰の奏者になるわっていうくらい。
ハーモニカアンサンブルってこんなにいい音楽ができるんだね。
知らなかった。。。
同時に、お父さんは、当時のトッププロの先生方
(トリプルロックスのお師匠方)と
世界大会のアンサンブル部門で優勝した時は
こんな日が続いていたんだろうなと、しみじみ。。。
普段練習なんかしなくても、ほとんどの曲を完璧に吹けてしまうような父が
夜遅くまで練習に必死で、時には口を切って
ご飯を食べられなかったこともあったみたいだけど、
きっととても充実していたんだね。
よかったね、と思いました。

私は彼らを含め「厚木の子」たちがとてもうらやましかった。
岩崎先生の下で、小学校に上がる頃からハーモニカを習い
中学生のころには世界大会に出て活躍し
気心の知れた「小さい頃からの仲間」と一緒に音楽を練り上げていく作業ができる
彼らのことがとてもとてもうらやましくて仕方なかった。

でも今回、呼び込みの時にMCを取ってくれた大内友哉さんが
「僕らと小さい頃からの仲間の寺澤ひろみさん」と
紹介してくださったことで、なんだ~と気が抜けてしまった(笑)
勝手に壁を作っていたのは私の方だったのかも。
彼らがすでにあちら側(ステージ上)で活躍していらしたとき
私はまだこちら側(客席側)にいて、両親にまとわりついていただけなのに。
私はその頃まだ吹いていなかったのに、その時から「仲間」だったんだ。
海老蔵と松緑がいる菊之助がうらやましかったけど
私にもいたじゃないか!

ありがとう。。。

久しぶりに、こんなに楽しい演奏ができました!
1回ぽっきりじゃ残念すぎる!
でも、次はいつになるかわかりません。
もしかしたら最後かも。。。?
もったいなさすぎる~!!


ひろみちゃんはクリスティーンね、と言ってくれたので、
クリスティーンっぽいドレスを着てみた。
3怪人と1クリスティーン(?)

トリプルロックスの皆さん、事務局の皆さま
ありがとうございました。

【来場御礼】ハーモニカ彩色


日付変わって昨日、ソロライブ無事に終演いたしました。
雨の予報でしたが、晴れ女の面目躍如。
雨が上がって一安心でした。

とても久しぶりの完全無伴奏ステージ。
キャリアをスタートさせてから、なるべく毎年1回は
自分の修養の場としてのコンサートを設けてきましたが
昨年一昨年と開催が叶わず、今年3月、南青山のマンダラさんで
チェロとピアノとのコンサートに参加させていただいたことをきっかけに
またこのステージに立つことができました。

今回はCDアルバム「彩~irodori~」と「歳時記」をかけて
このライブを「ハーモニカ彩色(さいじき)」と名付けました。
私がハーモニカを始めてから今までの年月、
応援してくださった方々への恩返しの気持ちと
亡き父や恩師・佐藤秀廊先生へのオマージュ、
そして、これまで培ってきたステージの時間を表す言葉にぴったりだと
思ったからです。

実は昨日まで(毎度毎度のことですが)
緊張のあまり胃が痛くなって食事をするのも一苦労、
普段しない練習をふんだんにしたので、舌が痙攣を起こしかけたりと
絶不調な上、久しぶりの無援護射撃舞台だったので
直前の精神状態は最悪という、
いつまで経っても慣れることない、このルーティーン。
(舌の痙攣は初めてだったので、前日は整体に飛び込み)

でも不思議とステージに上がって楽器を構え、吹き始めると
スッと地に足がついて、ああ、私のいる場所はここだ、という気持ちになります。
演奏に関しては、まだまだ足りない部分や不出来な部分は
たくさんたくさんあるし、どれだけやってもゴールは見えないでしょうけれど
直前にどんなに苦しくて投げ出したくなっても、やっぱり私は音楽が好きで
ハーモニカが好きで、ステージが好きなのだ、と感じました。
ステージ上でもお話しましたが、
父の望んだ「普通の」生活ではないかもしれないけれど
いま、私は自分の使命を果たしていると思えます。

もしかしたら(もしかしなくても)
複音ハーモニカはこの先衰退していくジャンルかもしれません。
私たちの世代は、クローザーになるのかもしれません。
私はそれでもいいと思っています。
そうなる前に飽きてしまうかもしれない。(飽きるほどやってみたい)
ただ、その日が来るまで「やりきった」と言えるように
ほんのちょっとずつでも、前進できたらと思います。


前回に引き続きBS-TBS「おんな酒場放浪記」の皆さまから
艶やかなお花をいただきました。


母校・明治大学ハーモニカソサエティーOB会の先輩方からも
豪華なお花を頂戴いたしました。

お運びくださった皆様、スタッフの皆様、今まで応援してくださったすべての皆様に
感謝を込めて。

またこれからも応援のほどよろしくお願い申し上げます。

明治大学ホームカミングデー

翌日は、終日御茶ノ水。
母校、明治大学のホームカミングデーにて、対談をさせていただきました。

お相手は、やはり卒業生の前田真里アナウンサー。
現在、長崎の大学院に在学中で、当日の朝に長崎から飛行機でいらしたそうです。
すごい!

大学でハーモニカを吹くに至った経緯や、番組のこと、演奏のことなど、
いろいろお話しいたしました。

開会式の後の会場だったので、担当教官でもと文学部長の恩師も、
お忙しい中お声をかけてくださって、少しお話しができました。
TBSアナウンサーの安住さんのラジオ番組をお聞きになっているそうで、
なんと「共演シーンを嬉しく思いました」とおっしゃって感激!
そうそう、あの時は先生のお言葉を安住さんに直接お伝えすることができて
嬉しかったなあ。

思えば、卒論そっちのけで世界大会なんか行っちゃって
全然中身のない論文になってしまったにもかかわらず
卒論の口頭試問の時に
「僕は音楽はわかりませんが、世界に通用するものを持っていらっしゃることは
素晴らしいことです。応援しています。頑張ってください。」
と優しく語りかけてくださった先生。。。

ハーモニカを続けていくことが、恩返しになりますように。

たくさんのお客様にもご来場いただき、
番組見てますよ、なんて声もかけてくださったかたも。

ありがとうございました。

高校女性講座

先週末の土曜日、茨城県水戸市にある水戸葵陵高等学校の女性講座にて、
「好きの先にあるもの」と題した講演をさせていただきました。

お引き受けするにあたり、何の変哲もなく、のほほんと過ごしてきた(と思っていた)
思春期から現在を振り返ると、かなり面白い経験や体験をしているなあと、
人生を再発見。

その中で一番後悔しているのは、自分の限界を勝手に決めて、
少しでもつまづいたことは、やらないできてしまったこと。
ピアノのレッスンとか、数学とか、諦めないで続けていれば相当進んでたよね。。。今となっては、物事の見方を少し変えれば
そんなに毛嫌いするようなこともなかった、と思うのです。

けれど、美味しいものを食べることや、音楽、本を読むことは好きだったので、
明確な目標もなく続けていたら、いつの間にかそれがお仕事になっていた。

少しでも嫌だなと思うことも、違う角度で捉えてみれば、
全く違う道が拓けているかもしれないし、
少しでも好きだと思うことは、細くても遠慮なく続けていれば、
そのうち何かに繋がるかもしれない。

そんなことをお話ししました。

涼やかなお嬢さんたちが、私の拙い話を真剣に聞いてくださって、
ハーモニカの演奏に驚いていらしたこと、大変楽しい時間でした。

帰りには偕楽園へ寄って、四季咲きの桜と萩を眺め、しばしのんびり。

お世話になりました皆さま、ありがとうございました。

伊勢でした

Beato Concert Vol.5、無事に終了いたしました。


左からソプラノ歌手の松橋昌子さん、木下和美さん、私
ピアニストの星合智美さん、コントラバス奏者の榊原利修さん

木下和美さんとは
10年ほど前に三重県の学校音楽鑑賞教室で
ご一緒させていただいて以来のご縁で、
その後はずっとSNS上のやりとりだったのですが
3年ほど前から今日という日をご指定いただき
ゲストとして呼んでいただきました。


名古屋駅から近鉄線の伊勢志摩ライナーに乗って


そこから更に一時間以上、車で山を上がったリゾート地
青山高原の中にあるタンノイ博物館の中にある
ショーコホール。

松橋昌子さん、木下和美さんのファンの方で満席でした。
ハーモニカを初めて聴くという方や
小学校以来のハーモニカという方が多くいらっしゃって
楽しんでいただけたようで、ホッと一息。

お姫様みたいに可愛くてチャーミングな和美さん
円熟(艶熟)の女王、昌子さま
ゆったりと落ち着いていて、安心感のある星合さん、榊原さん
とてもバランスがとれていて、阿吽の呼吸で
心地いい音楽会でした。

皆さま、ありがとうございました。

100周年記念コンサート

今年は、明治大学ハーモニカソサエティーの
創立100周年というメモリアルイヤーです。

6月16日に100周年記念コンサートが
駿河台校舎からほど近い一ツ橋ホールにて
執り行われ、私もOBの一人として
演奏させていただきました。

明治大学ハーモニカソサエティーは
現在活動している関東4大学のハーモニカサークルのうち一番の古株で、
なんとあの有名なマンドリンクラブよりも古い歴史を誇ります。

現役の学生さんたちはハーモニカを吹いたことがない世代で
ハーモニカを全くの新しい楽器と捉えて楽しく吹いています。
これからも一つのカルチャーとして出来る限り続いていってほしいと
ハーモニカを生業とする者の一人として願っています。

素晴らしい先輩方との築いてくださった歴史とそして
未来の礎となる現役の皆さんに敬意を表して。

初審査員

第38回F.I.H Japanハーモニカコンテスト決勝ライブ
審査員一年生、無事終了いたしました。

講評もさせていただきましたが、
演奏する方が何十倍もマシというくらい
心臓が口から飛び出しそうでした💦

審査委員長の崎元譲先生はじめ、和谷泰扶先生、
徳永延生先生、作曲家の美野春樹先生など
長く審査をされている先生方と席を並べていることが
大緊張でしたけれど、先生方、スタッフの皆さんに
たくさんフォローしていただきながら
なんとかつとめさせていただきました。

長い一日、お疲れさまでした。
入賞された皆様、おめでとうございます。

楽器の日ライブ2018

今年は快晴に恵まれた御茶ノ水駅前サンクレール広場。
寺澤ひろみ×進藤洋樹×大内友哉、楽しく楽しく盛り上がりました。


大内さんは普段、ご夫婦DUO「Bom×Boa」さんで活動されているので
今回、単独では初めての共演。
やっぱり世界レベルの大内さんのハーモニカはすごい!


進藤さんとはもう何年もご一緒させいていただいているので
安心&安定の一言。

最初と最後は3人で。(写真ない。。。)

久しぶりにエキサイトしすぎて、
大内さんと私は終演後、流血の大惨事でした。
(本番で口切ったのっていつぶりだろう)

でもすっごく楽しかったのでまたやりたいね〜。

花祭りコンサート

新年度最初のコンサートは静岡県のお寺にて。

お誘いくださったのは、
御茶ノ水の楽器祭や明治大学関連のコンサートで
いつもお世話になっている武仲千恵さん。

私はいつも、コンサートの裏方で走り回っている彼女しか
知らなかったのですが、本職はソプラノ歌手でもある武仲さん。
彼女の故郷・静岡にて13年前から続けていらっしゃる
菩提樹院での花祭りコンサートへ呼んでいただきました。

実は昨年10月に重篤な病気で倒れられ
一時は日常生活もままならないほどの後遺症で
歌うことを諦めかけたそうですが
入院中に多くの方に励まされてリハビリを続け
見事にコンサートの復帰を果たされました。

今回は、復帰第一弾で、体調も本調子ではなく
大きな音が出る楽器では共演が不安だということで
共演者に指名してくださいました。

静岡は徳川のお膝元ということで、
駅前には慶喜公のお住まい跡の庭園が。

たけのこもコンニチハ〜。
春ですね。


お寺さんでのコンサートでしたので
楽屋のお弁当が料亭の仕出し。。。
豪華でした!

武仲さん、復帰おめでとうございます。
お世話になった皆様、ありがとうございました!