熱烈楽器祭2017

台風の大嵐の中ご来場いただいた皆様
本当にどうもありがとうございました。


熱烈楽器祭、今年も無事に皆さんとご一緒することができました。
ハモソの後輩くんのみならず、主催の町づくり道場の学生さんたちも、
大雨にずぶ濡れになりながら楽器を運んだり、
出演者の調整をしたり、一日よく頑張っていらしたと思います。

最後は鍵盤ハーモニカの大合奏。
今年はカルメラさんのおかげで大盛況。
カルメラオーケストラさん、いいなあ。

楽屋でこんなノベルティをいただきました。

スタンプラリーをしないともらえない鍵盤ハーモニカのしおり

今年はお茶だけじゃなくてクッキーにまで大学名が!!

合宿2017

今年は2年に一度の
関東ハーモニカ連盟主催合宿研修会の年で
この週末も大勢がお見えになり大いに盛り上がりました。

今回初めて上級クラスを担当
同じ日の講師コンサートにも出演いたしました。

今年の目玉は台湾のハーモニカアンサンブル
「天狼星口琴合奏団(シリウスハーモニカアンサンブル)」が
この合宿に合わせて来日され、
アンサンブル講座と講師コンサートに出演なさったことでした。


youtubeチャンネルはこちら

王道のクラシックもなさったけれど、
日本の探偵アニメのオープニングソングとかこれとかもやってくれて
若い世代に訴えるにはとてもよいお手本。
大学ハモソも最近はアンサンブル楽器の使い方がわからなくて
宝の持ち腐れになっているようなので
こういうアンサンブルをいっぱい聴いてほしいなあと思いました。

スタッフの皆様・ご参加の皆さまお疲れ様でした。

F.I.H.コンテスト2017

毎年6月最初の週末に行われる
世界ハーモニカ連盟日本支部主催の
F.I.H.ハーモニカコンテスト本選ライブ。
今年は37回目を数えます。

3月のテープ審査を勝ち抜いた猛者たちが
日ごろの成果を競います。
毎年できるだけ観戦しているのですが
年々レベルが上がってきているのを実感します。

今年はなんと、初めてゲスト演奏者として呼ばれました。

出場者でないにしてもコンテストの場に身を置くのは10年ぶり。
皆さん直前までものすごい勢いで練習をなさっていて
本番前に疲れてしまうのではないかと心配になってしまうほど。
右も左もわからないうちにコンテスト卒業しておいてよかった。。。

今回は若手の台頭が目覚ましく、
上位入賞者には10~30代が多く見受けられました。
やっぱり、ハーモニカ界ではいくら50代が若いといっても
学生さんの若さには敵わないと思うのね。

審査員の先生方の講評には、毎回レベルが上がっている収穫として
・今回はテクニックにのみ必死になるのではなくて、音楽の構造を考えて旋律を歌っていこうとする人がいた
・久しぶりに書き譜ではないアドリブがきけた
などが挙げられました。

また、アンサンブルの課題としては
・一つのパートが役割を2つも3つも果たすべし(小アンサンブル部門)
・演奏者がみな、同じ感覚を有すべし(大アンサンブル部門)
というアドバイスがありました。

このコンテスト初回から審査員を務めていらっしゃる先生は
「人を感動させるにはテクニックだけでなく人生経験など年季が要ります。
ですから皆さん、今回のいい成績はスタートだと思ってください」と
講評を締めていらっしゃいました。

コンテストの結果はこちらから確認できます。

一日お疲れ様でした。

楽器の日ライブ

楽器の日ライブ、無事終わりました。
今回は母校明治大学の旧大学院校舎1階のカフェにて。
いつの間にこんな「おしゃれ」に方向転換したんだろう、うちの大学。。。
ヨーロッパのカフェを意識した空間というので
選曲も仏伊の映画音楽やシャンソンを中心に。
お相手はジェントルギターマンの進藤洋樹さん。
進藤さんのギターは本当に柔らかくて吹き抜ける風のよう。

リハーサル中から、明治大学の卒業生でこのイベントの旗振り役でもある
ミュージシャンの宇崎竜童さんがお見えになり、
スタッフの方と談笑されていました。
私のハーモニカソロにも興味を持ってくださって
複音ハーモニカの構造や日本的奏法についてご説明申し上げました。

本番終わりに皆さんで

お天気にも恵まれ、多くのお客様にお立ち寄りいただき
清々しい一日でした。

お世話になりました皆様、ありがとうございました。

中津焼酎サミット

image
11月の月はじめは大分県の中津市へ。

お酒のお仕事をいただくようになってから
大変ありがたいことに
お酒の講演つきでの演奏のお仕事もいただくようになりました。

お酒の話をしてください、と言われても
毎回戸惑うことが多いのですが
(基本、演奏家なのでお酒のお話はまだ慣れていない)
美味しいお酒に巡り合えるので結果よかったりする。

今回はだいぶ前からお声掛けいただいていた
大分県中津市の中津焼酎サミットさんへ。

九州といえば言わずと知れた焼酎の有名どころ。
なんと、あの、3Mが目の前に鎮座ましましていました。
image

しかも、この3本を一気に大甕で混ぜて
ブレンドして味わうという暴挙もとい大贅沢を体験。

美味しかった♡のですが、日ごろ手に取れない身としては
もったいない!ショックの方が大きくて。。。
一本ずつ別々に味わってからブレンドしたかった。。。

中津市市長さんはじめ、「いいちこ」の会長さん、県議員さんなど
要職の方々も多数ご列席で、
皆さんの焼酎愛♡がひしひしと伝わってくる会でした。

お世話になりました皆様、ありがとうございました。

【御礼】熱烈楽器祭

お茶の水熱烈楽器祭、晴天の中無事終演しました。

image

今回はメイン会場が聖橋口目の前のサンクレール広場でしたので
街ゆく人々(主にホームカミングデーにお越しのOBの方々)も
足を止めてゆっくりご覧いただいたようでした。

image

さすが楽器の街ならではで、豪華なステージでした。
特にスインギ―奥田さんは、デイヴィド・マシューズさんとの共演!
これぞJAZZという素晴らしい演奏を聴かせていただき、耳福でした。

image
我々ハーモニカソサエティの出番の時には
小さなお子さんがハーモニカを吹く真似をしながら踊ってくれて。
まあ~!可愛らしくて溶けそうだった。

image
ハーモニカソサエティとの合同演奏の後は
秋葉原区立すいそうがく団!の皆さんと。
アニメの好きな音大生を中心に結成されたそうですが
アレンジ&指揮の先生がまとめていらしてすごい迫力でした。
屋内ではもったいなかった。
最速(さいそく)録音というのをなさっているそうで
アニメが解禁になった翌日にはアレンジをし
そのまま初見で録音→演奏公開ということもあるとか。

image

ブラスの厚みにたえられる手持ちの楽器を探したら
トンボ楽器さんから出ている「mu-01」のピンクゴールドがありました。
トンボさんありがとう。。。

分刻みのスケジュールをサポートしてくれた学生さん
貴重な共演の機会を与えてくださった主催スタッフの皆様
素晴らしい出演者の皆さま、お客さま
ありがとうございました!

長野・風にのって

8月最後の日曜日は、演奏会のゲスト出演で長野へ。

ハーモニカ振興会長野支部さんの、第21回演奏会「風にのって」。

image

場所は、長野オリンピックのメイン会場だったビッグバードの隣のホール。

image

スタッフの皆さんの差し入れが
稀少なぶどうとか、おやきとか、その土地の手づくりのもの。
何より温かいおもてなしでした。

image

地方の演奏会は、練習の時の集中力の濃さの違いが
透けて見えることがよくあります。

コンサートが頻繁に開催されている東京よりも、プロの演奏を聴く機会が少ないだけに、
何が何でも吸収しようという気概が伝わってくるのです。
それに、サークルや発表会に永く携わる方が多いので、
コンサートの運営に関しても、経験を活かして自主的に動く方が多い。
結果、コンサートがスムーズに運ぶ→達成感がある→楽しいからまた次回も
という好循環があるように思います。

その中で、5曲ほど演奏させていただきましたが、少しでも参考になれば嬉しいです。

終わった後の打ち上げでは、美味しい美味しい信濃の蕎麦を堪能。

image

お土産もたくさんいただいて、行きより帰りの荷物の方が多くなってしまいました。。。

皆さま、ありがとうございました。

がっきずかん

13410769_10210600068184106_927652430_o
ということで、CS放送の子どもさん向け番組では
私物を含め7種類のハーモニカをご紹介できました。

13405093_10210600067384086_1389896708_o

並べてみると本当に形や大きさがまちまちで
同じハーモニカとは思えない。
もちろん、音色も違います。

13405602_10210600068024102_1967507716_o
大変うれしいことに、複音ハーモニカのソロも披露させていただけました。

image

図鑑というだけあって、ハーモニカの内部構造も
しっかり撮影してくださいました!
すごい!!